メニュー

⑧我が家の風邪対策【小畑由香里のwagayanocoto】

夫は元プロサッカー選手の柳沢敦さん。二人の子育てをしながら、モデルとしても活躍するワーキングママの日々を紹介します。料理はレシピ本も出す腕前で、食卓の写真にも注目!

 みなさんこんにちは。寒暖差が激しい今日このごろ、皆さん体調くずされていませんか?
私の周りでもちらほらとダウンしている人がいたりしますが、我が家は今のところみんな元気です!
そんな、寒い寒い2月。家族4人、我が家流の風邪対策のお話です。

 子供達が小さな頃は、よく風邪などひいていましたが、今は私自身も熱でダウンする事がほとんどなくなりましたね。
子供達2人も、毎年恒例と言っても過言でないくらいに年末年始に風邪をひいていましたが、だいたい年長さんになってからは熱を出すことが減ってきました。


 我が家は、冬だけなく年間を通して、比較的健康管理をしているほうだと思います。
基本は、バランスの良い食事とたっぷりの睡眠、毎食後のフルーツと宅配R1で風邪に勝つ身体作りを心掛けています。ちなみに我が家の子供達は19時30分には寝ます。(習い事などがある日は無理でも、それでも20時30分までには寝ます)
小さい頃からずっと続けていることの一つです。

 もうひとつの頼りとなるのが“除菌”です。
アルコール除菌スプレーを家では三ヵ所(リビング・トイレ・玄関)、車の中、そして持ち歩きのバックの中にも必ず入れています。スプレーだけでなく、除菌シートもあちこちに (笑)。
そんな家に置いていても、バックに入れても素敵な定番アルコール除菌たちがこちら。


 ここまで徹底した除菌でも、「ん?ちょっと喉が…マズイかも」の瞬間やることは、とにかく寝る事!ちゃんと食べてたくさんの睡眠に限ります!
 それでも「ん?ヤバイな…」というひきはじめには、やっぱり栄養ドリンクをまず飲んじゃいますね。病は気からと言うくらいだから、ドリンク飲んだし大丈夫っ!って自分の気持ちをあげています。(笑)


 加湿も大事。各部屋ごとに加湿器をたいて乾燥しないように気をつけています。
子供達の鼻のど系の風邪には、チェストバームを寝る前にぬってあげたりすると気持ちよく寝れるようです。
 調子が悪い時限定、子供達に大人気のレシピをひとつ。食欲がない時にでもつるっと食べやすいにゅうめんです。

 和風だしパックと鶏がらスープの素などでベースになるつゆを作っておきます。茹でた素麺を入れていつもより少し柔らかく煮込みます。
仕上げに小葱と生姜の千切りをのせたら出来上がりです。とっても簡単で生姜で身体も温かくなるし「おかわりっ」て言われる事もあるくらい!
食欲があるようなら、鶏ササミなどのタンパク質を入れてあげてもいいですね。
小さな子供には生姜なしでも○
ぜひお試しください。