メニュー

あっさりヘルシー!梅とろろうどん【パパでもパパっと料理】vol.5

今日の休日はママがお出かけ。パパと子どもたちだけでのお留守番。「おなかすいた~」と言う子どもたちの声に応えて、たまにはパパの手料理でカッコ良いところを見せたい!そんな日にも困らないように、料理初心者のパパでも手軽に楽しめる簡単レシピを、料理のプロに伝授してもらいます。今回の先生は富山市総曲輪の『そば太郎』店主・吉岡慎太郎さん。子どもたちにも、お酒好きのパパにもうれしい絶品メニューに、さっそくチャレンジ!

あっさりヘルシー!梅とろろうどん

<材料(1人前)>

  • うどん・・・・1玉
  • 梅干し・・・・1個
  • 練り梅・・・・小さじ1杯
  • 長芋・・・・100g(4cm程)
  • ネギ・・・・1/4本
  • かまぼこ・・・・1切れ
  • わかめ・・・・適量
  • だし汁・・・・約300cc

1. たっぷりのお湯で麺をゆでます。麺がやわらかくなったら、はしでゆっくりとかき混ぜてほぐします。ゆで時間はうどんによって違うので、袋に書いてある時間を参考にしましょう。同時に、別の鍋でだし汁を温めておきます。

2. 麺がゆで上がったら、ざるでしっかりとお湯を切ります。

3. 麺をどんぶりに移し、温めただし汁をかけます。

<ポイント>
だし汁は、市販の濃縮タイプを使う場合でも、鍋に分量の水と一緒に入れて沸騰させた方がよりおいしくできます。後からとろろをたっぷり乗せるので、だし汁の量は、普通のうどんよりも少なめで。

4. 長芋をすりおろしてかけ、その上に梅干しと練り梅をのせます。

<ポイント>
梅干しだけではなく、練り梅を加えることで、味が締まります。

5. ワカメ、ネギ、かまぼこを盛り付けます。

<ポイント>
具材はお好みでOKです。油揚げや山菜をのせてもおいしいです。

6. 完成!

<ワンポイントアドバイス>
今回は、お家で簡単に作れるうどんレシピをご紹介しました。梅ととろろは相性が良く、さっぱり手軽に食べられるので、子どもたちはもちろん、受験生の夜食や、飲み過ぎたお父さんにも喜ばれるメニューです(笑)。夏場は、冷たいだし汁を使って冷やしうどんとして食べても、とってもおいしいですよ。


◆教えてくれた人◆
『そば太郎』店主 吉岡慎太郎さん

吉岡慎太郎さん

◆店舗情報◆
『そば太郎』
富山市総曲輪で15年続く、そば&うどんの専門店。夜の街で飲んだ後には『そば太郎』で締めるというファンも多い。一番人気はカレーうどん(そば)。

富山市総曲輪 1-8-7ニュー総曲輪ビル 1F
営業時間 19:30〜4:00
定休日:日曜