メニュー

「自分は発達障害のグレーゾーン、子どもは感覚過敏。こだわりのある生き方、周囲にどう理解してもらえば?」森昭憲の【子育て相談室】

森昭憲の部屋

質問 大人になってから、発達障害のグレーゾーンという診断を受けました。不注意や忘れ物が多く、家事が下手で義母に無視されています。自分のやり方で手抜きや工夫をしたくても、義母が嫌がるのでできません。さらに昔から感覚過敏だった子どもが不登校になりました。私たちのようなこだわりのある人の生き方を、周囲にどう理解してもらえばいいでしょうか。(40代、ママ)

 

 前回もご紹介しましたが、大人になってから発達の特性が分かることがあります。保護者が子どもさんに発達の特性があることを見逃すのは珍しくありません。不注意や自分のルールに合わず(融通が利かず)どうしたら良いのか分からず固まってしまう子、など言動や行動が表立たない子どもさんは特に見逃されることが多いです。また、学校の先生の中には、行動の目立つ子に目が向き、教室で静かに座っているけれども注意がこちらに向いていないなど、目立たないが大人が支援する必要のある子を見逃すことがあります。私は、そういう子どもさんにこそ注目してほしいと考えています。

編集室 今回の相談の方は、不注意や忘れ物が多いとのことですが。

 不注意の特性がある方は、物心がついた頃より忘れ物や人の話を聞いていないことを体験します。周囲に度々指摘される中で「忘れ物をしてはいけない」「きちんと話を聞いておかないといけない」と自覚をするようになります。当然、ご自身でも工夫をして努力するのですが、その工夫そのものを忘れてしまうことが少なくないようです。自覚や努力をしているのに何度も同じ失敗をすることで自分は出来ないヒトと思ってしまい、周囲からも「なぜ、できないんだ!?」と言われ続けるうちに、努力することをあきらめてしまいます。私は外来で不注意の特性のある方の話を聞いていると、不注意の特性が及ぼす本人への影響は深刻ではないかと思います。

なので、もし子どもさんが注意しても忘れ物をしたり、話を聞いていないと感じたりすることが度々あったら、もしかしたら不注意の特性があるのではないかと振り返ってみてほしいです。そして、本人の努力だけに頼るのではなく、大人が一緒に考えていくことが必要になってくると思います。

相談者のお母さんは、自分の特性に応じたやり方を考えていることは、とても素晴らしいと思います。

編集室 次に、今回の相談にある子どもさんの感覚過敏についてですが、感覚過敏とは、どういうことなのでしょうか?

 音の感覚過敏(聴覚過敏)を例に挙げます。私たちの周囲には、人の声やTVの音、生活で生じる音、空調、外にいる人の声など、いろんな音に囲まれています。一般的には生活場面や状況に応じて、あまり意識することなく自分にとって必要な音を取捨選択して“聞いて”います。聴覚過敏の特性のある方は音として通常には認識しない音、例えば蛍光灯やパソコンから出る音(皆さんも耳を澄ましてよーく意識すると聞こえます)なども音として勝手に認識されてしまうだけでなく、耳から入ってくる全ての音が同じ大きさで感じることも少なくありません。そのような中から必要な音を取捨選択して取り入れることは難しく、聞きたい相手の言葉と空調や外の音が同じような音量で“聞こえてしまう”、このような状態に生まれてから日夜さらされています。

他の感覚について過敏の特性がある方も、その過敏さと常に付き合っている訳です。

この感覚過敏は、好きなことをしている時やストレスが少ない状態だと、それほど過敏ではなくなるのですが、不安な状況にいるとさらに過敏になります。皆さんも怖いと思う場所やお化け屋敷では、いつもなら何でもない物音にビックリした経験、ありますよね?

家がリラックスできる環境であり、学校では子どもさんが安心して学校で過ごせる適切な配慮(例えば、聴覚過敏の子どもさんにノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを使用するなど)がされれば、学校で過ごしやすくなります。しかし、家の居心地があまりよくないと過敏さが悪化し学校で過ごしにくくなる可能性があります。

ですから、子どもさんの不安が少ない状況、リラックスできる家庭環境を整える必要があります。そのための第一歩は、子どもがどのような特徴を持っているかを家族で理解し共有すること、そして特徴に合わせた工夫を考えたり、専門の施設で教わったりすることだと思います。

編集室 この方の場合、まずできることは何でしょうか?

 今回の場合に限らず、基本ですが家族内の事(家事、育児)は家族間の協力なしには成り立ちません。家族の最小ユニットは夫婦です。ご夫婦で家庭内の現状を把握・理解して、協力できるかが鍵となります。この方の場合、まずは相談者さん自身の特性と家庭で行いたい工夫について夫がどれだけ知っているのでしょうか。伝えてなかった場合にはそれを伝えることから始まります。次に、ご夫婦で互いの意見を出し合い、違いを統一していき協力体制を作ります。その上で、ご夫婦協力のもとに家事や育児の姿勢を義母に伝えていきます。理解したり支えたりなど、夫の担う役割は重要だと思います。特に義母の理解が必要な今回の場合は夫の協力なしには成り立ちません。

編集室 夫婦で協力することが大切なのですね。

 夫の理解や協力が難しい場合も少なくないのですが。。。

もう一つ、相談者の方に伝えたいのは、味方をたくさん見つけてほしい、ということです。自分のやり方や工夫について話を聞いて、応援してくれるサポーターです。その中には、私たちのような専門的な知識を持つ人間も必要です。なかなか理解をしてもらえない人と相対する時(夫の理解や協力が難しい場合も)、専門家が入って話すことで流れが変わってくることがあります。誤解者を理解者にするということです。誤解を持つ人ほど、特性によって苦しんでいることが分かり理解者になると、とても心強い存在となります。

私は、どうしても理解してもらえない家族がおられるとき、その方に疑問点を持っていらしてくださいと伝えることがあります。実際に来られることはそれほど多くはありませんが、専門家がそのやり方を認めているというメッセージを誤解者に伝えることが、理解のきっかけになっているようです。子どもさん、そして御家族のサポーターが増えることを願っています。ただし、サポーターが多くなると、混乱することがありますのでご注意下さい。

------------------------------------

森 昭憲(もり・あきのり)

県発達障害者支援センター「ほっぷ」センター長
富山県リハビリテーション病院・こども支援センター 小児科部長(児童精神)・精神科部長  心理療法科長 

1970年生まれ。富山医科薬科大学(現富山大学)医学部医学科卒業。
内科、和漢診療を経て、精神科病院に勤務。あいち小児保健医療総合センター心療科、豊田市こども発達センター、愛知県立城山病院(児童精神・精神科)にて児童精神医学・発達障がい診療の研修。
2017年より富山県リハビリテーション病院・こども支援センターに勤務し、子どもの心の外来・精神科の診療を担当する。資格は精神科専門医・指導医、精神保健指定医

【ひとコト】子どもの特徴を知り、特徴に合わせた工夫や手立てを考えていくことが、子どもがより良い人生を歩んでいくことにつながります。また子どもにとって真に過ごしやすい社会は、大人も過ごしやすくなると考え、日々診療しています。


県発達障害者支援センター「ほっぷ」は、教育現場や福祉施設で、発達障害の方を支援する人たちの支援、人材育成を通して、富山県が皆さんにとって住みやすくなるよう活動しています。詳しくはhttps://www.toyama-reha-hop.jp

 

 コメンテーターの皆さんへの相談、アドバイスへのご意見、また「うちも同じですよ」「うちはこうしてちょっと良くなりました」など共感やアドバイスなど、あなたの声をお待ちしております。ご意見はこちらから