メニュー

②革命児現る!【はちみつ屋さんの"あまあま"子育て】

「こらー!!」と言いたくなる子どもたちの姿も、客観的に見たら実は面白い! あるはちみつ屋一家の日常を漫画とエッセーでお届けします。

【登場人物】

 

 


毎度有難うござります。
とあるはちみつ屋の主でござります。

コロナウイルスの影響で、学校がお休みな為、我が家のボウス君達も缶詰め状態で。
ままに対して、やれ、
ともピー(長男) 「おなかすいたぁ!なにか食べ物ぉ(゜Д゜)エッヘン!」だの、
ヨッチ君(次男) 「なにか、おやつちょ~だぁ~いヽ(´▽`)/アハハハ~」だのと、ちょっと隙があると 餓 鬼 さながらに食料を要求…。

そのうえ、ままが日中仕事でチェックできない事をいいことに、
「ままの言った通りに、 ゲーム時間=勉強時間 をちゃんと守ってるから!」と、言い張って、連日連夜のゲーム三昧…。


うぬぅ…、まぁよかろう。
そのうちテストの結果次第で、しかるべき対応を取らせて頂くだけの事だからなぁ。

と、そんなわけで、仕事に子供の事にと、大忙しのまま。

お昼ご飯などは、朝のうちに作り置きしたり、レトルトカレーやパンを買い置き。自分で温めるなりして、食べといて!という合理的な作戦を採用しておられます。

そんなある日、ままが仕事の合間にお昼を食べに子供達がいる自宅キッチンへ行った時の事。

そこには、なにやら調理器具と格闘しているヨッチ君がいたそうな。

何を作っているのかとのぞき込んでみると、ヨッチ君、ホットサンドを作ってたようで。(食パン2枚に、ハムやチーズ等の具材を挟み、プレス&トーストする例のヤツです)

まま 「ヨッチ君~、何のホットサンドつくってるの~(^o^)?」

ヨッチ君 「ん、と、か れ ― ぱ ん の ほ っ と さ ん ど ( ゜o゜)」

は!?

カレーをサンドしたわけじゃなくって、ままがお昼御飯用にと買ってきてくれてた、か れ ー ぱ ん を、さらに  さ  ん  ど  したってお話ですかい、若ダンナ!?

むうぅぅ、その作戦…、斬 新 過 ぎ な い か (゜ロ゜;!?

発想が  逆噴射型に天才的  過ぎて、凡人のぱぱには理解不能っす…。

そうです、イノベーションとは、いつも常識のはるか向こうにあるのでしょうなぁ。
お味のほどは聞いてませんが、ペチャンコにされたであろうカレーパンが、ちょっと可哀想に思えた春の日の出来事でありました。

ホットサンド界の革命児に乾杯。