メニュー

お掃除のプロ“ダスキン”に聞く!「脱・大掃除」 ③これをやっておけば来年は楽になる!

「大掃除」という言葉を聞くだけで、重たい気持ちになりませんか。今年こそ計画的にお掃除し、平成最後の年末はいつもよりゆっくりと過ごせるように、お掃除のプロ、ダスキン北陸ケアサービス事業部富山の大木紀夫さんにアドバイスをいただきました。

大掃除を楽にするには、汚れをため込まないことが大切です。今回は普段からやっておきたいレンジフードとお風呂のお手入れをご紹介します。

お風呂に水切りワイパーと歯ブラシを

お風呂掃除を大変にするのが、かびです。かびは根が入りこんでしまうと、なかなか取れません。そこで、毎日、お風呂に入ったついでにお手入れし、かびを防ぎましょう。

<お手入れ法>
①湯につかりながら、かびが生えそうな隅やシーリング部分を歯ブラシでごしごし。

②風呂からあがる時に、水切りワイパーで床や壁をひとなで。

③体を拭いたついでに、そのタオルで浴室内の水滴もささっと拭く。

④換気扇を回すか、窓を開けるなどし、換気する!

レンジフードにはフィルターを

レンジフードは大掃除で最も大変な場所かもしれません。油煙でベトベトになったフィルターはプロでないと、なかなかきれいになりません。そうならないために、フィルター(ガラス繊維がおすすめ)をつけて、2カ月に1回は必ず取り換えましょう。こうしておけば、年末の大掃除でも、いつものナチュラル洗剤ですっきり洗うことができます。
フィルターは磁石で付けるといいですね。

プロに頼むという方法も

ダスキンでは、台所、浴室、トイレ、洗面所、レンジフードなど水回りのお掃除サービスをしています。また1回2時間(税込み6480円)で洗濯や掃除機かけ、買い物などご希望の家事をお引き受けする「家事おてつだいサービス」もあり、年々ご依頼が増えています。時にはこのようなサービスも利用し、家事や仕事、子育てに毎日忙しく過ごしておられる皆さんに、自分の時間、家族の時間を楽しんでいただければうれしいです。

実践レポート

レポーター・老子さん
レンジフードフィルター

フィルターは100均で買った磁石でとめています。
隙間もあるので、油煙をすべてキャッチするというわけにはいかないけれど、それでも金属フィルターの汚ればだいぶ防いでくれます。

レポーター・北山さん
窓周辺のかび防止

うちでは窓のサッシやレールについたちょっとしたかび汚れには、キッチン用の除菌アルコールか消毒用アルコールを使っています。古くなったタオルにスプレーをして、さっと拭くだけできれいになりますよ。実は一度、ひどいかびで掃除が大変だったことがあって、その時から始めたんですけど、かびの予防になっているような気がします。なので窓掃除の最後にも、サッシやレールにシュッ、シュッとかけて自然乾燥(寒くて乾かないような時は布にスプレーして拭きます)。鴨居や敷居、周りの壁も、直接かけるとしみになるので、布にスプレーして拭いておきます。

プロに聞く!ここはどうやって掃除したらいい?

Q.壁のカビを落としたい。
A.塩素系漂白剤(風呂のかび取りなどに使う物)をスポンジにスプレーし、壁に優しく広げる。2、3分おいて、水拭きする。
(注意点)
・直接スプレーすると壁に影響するのでNG。
・アルカリ性洗剤なのでゴム手袋をし、換気をしっかり。

【やってみた!】

上のほうは、少しかびが薄くなっている気がします。
ただ下のかびがひどいところは難しい。やっぱり早めの対応が必要なんですね。


◆教えてくれた人◆
ダスキン北陸 富山地区ケア事業担当 次長 大木紀夫さん

ダスキン北陸 ケアサービス事業部富山
富山市町村1丁目231
電話 076(493)0188(平日8:30~18:00)