メニュー

㉒プチプラアイテム大活躍♪レポーターが体験!2022秋冬のトレンドメーク【ママと10‘sのスキンケア&メークレッスン】

「年齢を重ね、スキンケアの方法を一から見直したい!」「メークに興味津々の子どもに、どんな物を使わせたらいいの?」 そんなママたちの疑問に、富山市の美容師、幸田恵さんがお答えします。また幸田さんが出演する音声番組「マイベストチャンネル」も配信中!楽しくおしゃべりしながら、肌活のポイントをお伝えします。

マイベストチャンネル

暑さも和らぎ、すっかり秋めいてきました。衣替えとともに、メークにも季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回は「2022秋冬のトレンドメーク」がテーマ。マスク生活の中でも楽しめる眉&アイメークを中心に、今季の流行色やおすすめテクニックを幸田さんに教わります。使うのは、低価格でかわいいプチプラアイテムばかり。ぜひ参考にしてくださいね。

モデルは、コノコトレポーターの中野さんに務めてもらいました!

メーク前の中野さん

今季注目はモーブ系

流行を語る上で、まず押さえておきたいトレンドカラーですが、「各化粧品メーカーがさまざまな色を提案していて『ずばりコレ!』と言いにくいのが近年の特徴です」と幸田さん。イエローやオレンジ、カーキなど、秋らしい色がそろう中で、「注目は、各社がこぞって手掛けているモーブ系ですね」と言います。

モーブとは、ややグレーがかった紫色のこと。青みよりも赤みが勝る「モーブピンク」や「モーブブラウン」は、血色を良く見せつつ、大人っぽく上品な印象に仕上がるため、ママ世代も取り入れやすいカラーといえます。

今回は、このモーブ系をキーカラーに、ポイントメークを仕上げていきます。

【眉メーク】眉頭はふんわりと

まずは眉にモーブブラウンを取り入れてみましょう!

(左から)セザンヌ「ノーズ&アイブロウパウダー」04モーヴブラウン、同「極細アイブロウマスカラ」C1ピンクブラウン

最初にパウダーパレットの②③を混ぜた色で、眉尻側を描きます。「こんなに赤いと、眉毛の色となじまないのでは…」と心配になりますよね。そこでパウダーを塗った上から、黒のアイブロウペンシルで細かな線を描きます(毛を描き足すイメージで)

モーブブラウンのパウダーで眉尻を描いた後、上から黒いペンシルで線を描き足します

次に眉の中心(黒目の上)から眉頭に向かって淡い色(①)を載せます。眉頭をふんわり見せることで、顔全体の印象が柔らかくなります。

仕上げにパウダーと同系色の眉マスカラを塗って、全体の色をなじませます。

仕上げにパウダーと同系色の眉マスカラを塗りましょう

【アイメーク】下まぶたも抜かりなく!

アイメークは、オレンジ系の中でも今季人気の「パンプキンカラー」を基調に、差し色でモーブピンクを加えていきます。

(左から)エクセル「リアルクローズシャドウ」CS11、ケイト「デザイニングブラウンアイズ」BR-9​​​

まずは上まぶたから。アイシャドウパレットの②⑥を混ぜた色を、アイホールに塗ります。幅は、目の形や大きさによって人それぞれですが、目を開けたときにちゃんと見える部分まで塗りましょう。濃い色ではないので悪目立ちすることはありません。次に目尻を中心に、締め色(⑦)をまぶたの際に入れます。

下まぶたも、顔の印象を左右する部分なので抜かりなく! 黒目の下に明るいラベンダーカラー(①)を載せ、目頭に向かってぼかします。こうすることで目元に光を集め、自然なツヤ感と立体感を生み出します。反対に目尻側はモーブピンク(③)で締めていきましょう。

上下のまぶたに色を入れた状態

マスカラは、取り入れやすいブラウンをチョイス。黒よりも柔らかい印象になり「デカ目」効果も狙えます。

(手前から)キングダム「リキッドアイライナーWP」​​​​​BG、D-UP「パーフェクトエクステンションマスカラ for カール」BR

最後にモーブ系のアイライナーを上まぶたの際に引きます。カラーライン初心者さんは目尻だけに引くのがオススメです。

アイライナーは目尻だけに引きます

プチプラ上手に活用を

あとはチークとリップを塗ったら、秋冬のトレンドメークの完成です!
深みのある暖色系でまとめることで、上品さの中にほんのりとした甘さも漂う、優しい雰囲気に仕上がりました。

リップはまろやかなピンク系ブラウン。輪郭は取らずにナチュラルに仕上げます

モデルを務めた中野さんは「プロの技に驚きました。眉マスカラやアイシャドーなど、いろいろなアイテムを買い足して、秋冬メークを楽しみたいです」と笑顔を見せます。

幸田さんは「普段は使わない色も、プチプラなら気軽に試せますよね。最近はプチプラのクオリティーも上がっているので、トレンドカラーを取り入れる際には、うまく活用してください」とアドバイスしてくれました。

★幸田さんからプラス情報
エテュセ「アイエディション」10. ピスタチオキャメル

今回はモーブ系を中心に組み立てましたが、パーソナルカラーが「イエローベース」の方には、ピスタチオ系もオススメ。カーキよりも肌色がくすまない今季注目のカラーです。

 

 

マイベストチャンネル
音声番組「マイベストチャンネル」でも連載中!
記事では紹介しきれない「ここだけの話」が聴けます。

 幸田恵  家族、親戚の多くが美容師という環境で育ち、大阪の美容専門学校を卒業後、府内の美容室で修業。2008年に独立。パリコレクションにヘア担当スタッフとして参加したほか、県内で撮影された映画のメークにもかかわるなど、幅広く活動している。美容室「vi coeur」オーナー。2021年4月にメーク本を出版。富山の専門家紹介サイト「マイベストプロ」登録プロ。公式インスタグラムはこちら