メニュー

㉕余裕?な親(母)子【はちみつ屋さんの"あまあま"子育て】

「こらー!!」と言いたくなる子どもたちの姿も、客観的に見たら実は面白い! あるはちみつ屋一家の日常を漫画とエッセーでお届けします。

毎度有難うござります。
とあるはちみつ屋の主でござります。

我が家では、この春、長男ともピーが高校生、次男ヨッチ君は中学生へとそれぞれ進学される事となりまして。

まぁ、ともピーは自動的に高校生になったわけではなく、皆様ご存じの「受験」に挑んだ結果なわけですが。

この受験についても、一筋縄でゆかぬのが、我が家のスーパースター、超大物の、ともピー君でありまして…。

試験前日も、普段と変わらずお勉強など一切しないので、ままに、

「 1 0 分 だ け でも、勉強してみたら…。」

と言わしめたほど、肝が据わっておられましてですね(汗)。

ま、確かに合格確率の高い学校を選んだ上に、志望学科は定員に対して一人しか落ちない志願状況で、かなり合格の確率が高めではあるのですが。

それでも、落ちる一人にならぬ保障はどこにもないのに怖くないのか!?

などと思いつつ、いよいよ迎えた合格発表の日、さすがスーパースターは一味違います。

ここで予想外の大物っぷりを発揮してくれました(汗)。

合格発表の日は両親とも仕事で、私も仕事中におとーさんにも合否の連絡もらえるよなぁ、と思ってましたが、発表時刻を過ぎても何の音沙汰もなし。

いや、これ、落ちたのかナ?

でもなぁ~、合格の方が確率高いはずなんだけどな~。

と思いつつ、仕事後に帰宅し、ソファーに座っているともピーを見つけて聞きました。


「今日は、大切な日だろう、結果はどうだった?」


ともピー「え~知らん、 キ ョ ウ ミ な い ( ゚д゚) ポカーン」


「クッ、興味ないって、キミの人生を左右するかもしれない話だろ! 発表、見に行ってないのか!?」


ともピー「あ~もう、め ん ど く さ い か ら 行 っ て な い し。」


「 は ぁ !?(#゚Д゚)ゴゴゴゴゴ…」


ともピー「あ~知らん知らん、ままが知ってるから~( ̄( ) ̄)ノシッシッ」


クッ、このスーパースターだけは、ふざけおって!と思いましたが、反抗期君の相手をまともにしてもムダなので、ままに聞きました。


まま「は?知りません。今日も、忙しかったんでね、こっちは。」


おいおい、そんなんでイイのかぁ~(母子そろって)!!


まま「あのねぇ、ともピーが言ってたけど、落ちた生徒の所にだけ、中学から電話かかってくるんだって。うち、中学から電話きてないから、受かってるんだよ。」

※結局、翌日ちゃんと合格通知が郵送されて参りました。

まぁ、確かに今更慌ててみてもムダと言われれば、それまでですが…。

くぅ~、そうやって世の中甘く見てると、いつか足元すくわれるぞっ!と、激しく思うのですが…。

って、普通こんなに合格発表に関心ない人間って、いてイイんですか!?

さらに、聞けば発表の時間帯は人手が足らず、ともピーに我がお店のア ル バ イ ト を し て も ら っ て い た とか!!

ふ~む、さすがは我が家の奥方様じゃ。

達磨大師も敵わぬ程の途方もない落ち着きっぷりではないか。

伊達に長年ともピーのままをやっておらぬな(汗)。

…。

…。

うぅぅ…、ま、まぁ、とにかく我が家はこうして無事!?に受験戦争を乗りきる事ができたのでありました。

スーパースター万歳。
(って、いや、母子そろって、本当にそれでいいのか…?)