メニュー

部活動、地域委託を試行【子育て応援!役立つ記事インデックス】(7月13日~19日)

「子育て応援!役立つ記事インデックス」は直近1週間の北日本新聞から、子育てに役立つ記事をピックアップしています。今週は、公立中学校の休日の部活動を地域や民間団体に委託する取り組みについての話題に注目しました。

それぞれの記事はリンクをクリックすると北日本新聞のニュースサイト「webun(ウェブン)」から読むことができます。
webunは、北日本新聞をご購読の方なら会員登録するだけで全てのサービスが利用できます。


7月14日(水)
部活動 地域委託を試行

公立中学校の休日の部活動を地域や民間団体に委託する取り組みが、県内で始まっている。教員の多忙化解消につなげる国の試行の一環で、対象は4市町の計8校。ただ、実施内容はまちまちで、教員の負担軽減に効果を上げている学校がある一方、受け皿の確保に苦慮する自治体があるなど課題も浮き彫りになっている。…

>>webunの記事はこちら


7月19日(月)
【今を解く】ヤングケアラー・上

そのカフェ内の一角に毎週木曜日と土曜日に、出張コーヒー店がオープンする。小さなカウンターの上に、自家焙煎したコーヒー豆入りの瓶を並べ、客のオーダーに合わせて豆をひく。香ばしい香りに包まれ、1杯ずつ丁寧にいれるのは、高島要さん(28)=射水市=だ。物心ついた頃から脳性まひの兄の見守りやケアをしてきた。…

>>webunの記事はこちら


7月16日(金)
児童心理治療施設 知事「公約と重なる」

老朽化している富山児童相談所の移転・機能強化を巡り、県議会自民党議員会は15日、新田八朗知事に緊急要望した。カウンセリングや治療、生活指導を行う「児童心理治療施設」の開設を求めると、知事は前向きな姿勢を示したという。知事は同日の記者会見でも「公約と要望の項目は、方向性が同じ」と語った。… 

>>webunの記事はこちら


7月13日(火)
子育ての悩み気軽に 25日、保護者相談会

子どもの学習支援や居場所づくりに取り組むNPO法人「大空へ飛べ」(谷口徹理事長)は25日、小矢部市民交流プラザで、子どもの発達や不登校などに悩む保護者の相談の場を設ける。行政の相談窓口は平日のみの場合が多く、仕事などで利用できないとの声を受けて日曜に対応する。…

>>webunの記事はこちら


7月13日(火)
ダウン症児の子育て応援

日本ダウン症協会富山支部(つなGO)は今月、冊子「ダウン症のある子の子育て応援ガイドin富山」第1編を発行した。乳幼児期(0~3歳児)を取り上げ、体の特徴や福祉・保育サービスなどを紹介している。年齢に応じて5編作ることにしており、ダウン症の子どもを育てる親に役立つ情報を分かりやすくまとめ、提供していく。…

>>webunの記事はこちら

【無料の試し読みで台所用洗剤プレゼント!】
北日本新聞を講読されていない方は特集サイト「新聞活用の子ども教育で学力アップ」をご覧ください。
無料の1週間試し読みが申し込めます。
台所用洗剤のプレゼント付です!
>>「新聞活用の子ども教育で学力アップ」はこちら