メニュー

〈PR〉コノコトレポーターが聞く!教育資金どう貯める?家計、何から見直す?

今回は、富山のママ・パパ応援サイト「コノコト」から、会員レポーターの皆さんにお集まりいただき、ライフプランに沿った家計のあり方や保障について、ファイナンシャルプランナーの吉上美枝子さん(東京)にアドバイスをもらいながら話し合いました。

 

吉上(ファイナンシャルプランナー) 子育て世代の方々からの相談で一番多いのが教育資金に関することです。皆さんはどうされていますか?

真田 私は息子が生まれた時に学資保険に加入しました。小学校、中学校、高校の卒業時にお金が下りたのでとても助かりました。
平山 うちも学資保険に入りました。節目ごとに下りるお金は高校卒業まで繰り越して、最後にまとめて使いました。確かクルマの購入資金にしたと思います(笑)

吉上 進学準備にはまとまったお金がかかります。普段の家計から捻出するのは大変なので学資保険は助かりますね。教育資金、住宅資金、老後資金は人生の3大資金。計画的に準備することが大事です。

松原 うちは児童手当を毎回貯金しています。娘はもうすぐ1歳なので、保障や共済のことを調べてみようと思っています。

吉上 中学校卒業まで支給される児童手当は総額で198万円。貯蓄すれば充分な教育資金になると思います。それから、教育資金と共に相談が多いのが病気やけがに関することです。
富山県内は医療費の助成制度が手厚いですが(※)、入院すると入院中の食事代や差額ベッド代などなにかとお金がかかります。(※)助成対象年齢や要件は各自治体によって異なります。

 

滝脇 娘はよく入院していましたが、個室を使う時は医療保険で補填していたので大きな負担はありませんでした。でも昨年、私が1ヵ月入院したのですが、夫は仕事と家事、子どもの世話で手一杯で、食事は外食や惣菜に頼る食生活になってしまい、結構お金がかかりました。そういった支出にそなえて保険に加入しておけばよかったです。
真田 うちは家族でこくみん共済に入っていました。ただ、息子は高校時代、ラグビー部でけがが多かったので、別に外資系の医療保険にも入っていました。

吉上 賢い選択ですね。保険会社によって保障内容が違うので、実際に加入する時、充分な内容なのかをしっかり調べることが大事です。

松原 私は今、女性疾病特約がついた生命保険と、個人年金保険に入っています。

吉上 積立貯蓄型の個人年金保険は、老後の備えとして加入する方が多いですね。昔は生命保障にも貯蓄型で利率の良い商品があったのですが、最近はあまりないです。だから今は、保障と貯蓄は別々に考える方が良いと思います。

 

吉上 こんな保障なら入りたいというものはありますか?

平山 高齢になっても入れる保障があればいいですね。
真田 こくみん共済coopの保障は入院日額が3千円、5千円、1万円。私は5千円のものに入っていますが、入院保障額を考えるとちょっと物足りない。5千円と1万円の間があればいいなと思います。

吉上 3千円と5千円を組み合わせるというのも一つの手だと思いますよ。皆さんは、保険料や掛金が家計の負担だと感じることはありますか。

松原 私は育休中で収入が減っているので、確かに負担です(笑)
滝脇 夫の保険は、一定期間ごとに更新を繰り返していくタイプ。50歳を過ぎて保険料が高くなりました。

吉上 家計をやりくりする際、外食費や洋服代の節約に目が行きがちですが、それでは「生活の質」が落ち、心がギスギスしてしまいます。
それよりも保険料や掛金、通信費などのあまり目には見えないけれどしっかり毎月落ちていく固定費を減らす工夫をしましょう。保障の見直しは家計改善につながることもあるんですよ。

松原 いま入っている保障を主軸にしつつ、少し減額して、こくみん共済にも入ることはできますか?

吉上 できますよ。今の保障でちょっと不安な部分をこくみん共済でフォローするという方法もおすすめです。年齢やライフステージに合ったアドバイスがもらえるので、気軽に窓口を訪ねて相談してみてはいかがでしょうか。