メニュー

④健康は足元から。「足の指」を正しく動かそう!【体メンテ講座-疲れが取れないあなたへ】

毎日忙しすぎて、なかなか疲れが取れない…と悩むパパママ世代。体をリフレッシュすることで、仕事や家事の効率が上がれば、今よりもっと充実した毎日が送れるはず。これまで多くのアスリートの体を“メンテナンス”してきたアスレティックトレーナー、青木大輔さんに、正しく、効果的に疲労を回復する方法を教えてもらいます。

裸足で砂浜や芝生の上を歩いたり、大地を踏みしめる機会が減っている現代の日常生活において、「足の指」をしっかりと意識して歩いている人は、少ないのではないでしょうか?

さらには自分の足にフィットしていない靴を無理に履くことで、間違った足の使い方をしてしまい、体の不調につながっているケースが多く見られます。

「健康は足元から」と言われる通り、体全体を支える足の動きは、健康を大きく左右します。
普段使えていない足の指を、しっかり正しく動かしてあげる癖づけをすることで、
指を使った正しい蹴り出しによる歩行 →足の安定 →姿勢の改善につながるのです。

また、スポーツをする際には、可動域が広がるだけでなく、足の指の運動は、脳の活性化にもつながるので、簡単にできるエクササイズをご紹介しましょう。

足指開き
まずは、固まった足の指付近の組織を柔らかくしましょう

グー・チョキ・チョキ・パー
脳の指令通りに、スムーズに足の指を動かすための練習です

指ピアノ
さらにスペシャルな動きの練習!

ショートフットエクササイズ
“足のインナーマッスル”と呼ばれる内在筋を鍛え、スムーズな動きにつなげます

普段動かしていない足の指を活性化することはとても大切です。また、私生活やスポーツの時に履く靴選びも重要なポイント。合っていないものを履き続けると、浮き指、外反母趾(ぼし)、ハンマートゥーなどの悪化につながります。当院では一人一人の足を計測に合ったインソールを作っていますが、やはり患者さまの不調が改善されていくのを目の当たりにします。「足の指」を大切に、正しく動かす意識を持つことで、健康な体を手に入れましょう。

◆青木 大輔(あおき だいすけ)◆ 

あおき接骨院 院長。ジュニア世代からオリンピック選手まで、アスリートの施術経験も豊富。日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。健康運動指導士。http://aokisekkotsuin.com