メニュー

【学校が始まる皆さん・子どもの生活を支える皆さんへ】県発達障害者支援センター長/森昭憲先生より

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため臨時休校をしていた県内の小中学校で、分散登校が始まりました。学校再開に不安を抱えている皆さんへ、県発達障害者支援センター「ほっぷ」センター長で、県リハビリテーション病院・こども支援センター小児科部長の森昭憲先生からメッセージが届きました。

学校が始まる小中学生の皆さんへ


 学校が始まり、外に出るのもひさしぶりの人がいると思います。

 4月から始まるはずだった新しい学年、学校。コロナのせいで、急に休みになり、外に出られなかったり、宿題がたくさん送られてきたり。さらに学校が再開すると、新しい学校、教室、同じクラスの人、担任の先生…心配なことは多いかもしれません。また久しぶりに外に出た人は、学校の行き帰りでつかれてしまうかもしれません。

 でも、少しずつ、なれていくのでいいんです。
 みんな、同じ。
 みんなが元気でいることが大切なんです。

 すごしやすい学校になるように、先生もおとうさん、おかあさん、生活の手伝いをしてくれる人も考えていますよ。

子どもの生活を支える皆さんへ


 学校生活についていけるのか、心配や焦りがあるのは、子どもだけでなく親御さん、先生方も同じではないでしょうか。

 新学年が始まってすぐの休校で、子どもたちは長期間お友達と会えず、自宅での勉強の進み方もバラバラ。コロナウイルスによって起きたさまざまなことは、大人も戸惑ってしまうことばかりでした。

 登校が始まっても感染の不安がなくなったわけではなく、学習の進め方、学校生活でのコロナとの付き合い方など、試行錯誤が続きます。 


 こんな混乱した時はシンプルに考えて、皆が元気に過ごす事、学校に行く本来の目的(学習が分かること、健やかに学校生活ができること)に立ち戻って、物事を進めることが大切だと思います。

 今起きていることは、子どもも大人も日本も世界も、誰も経験していないことです。ボチボチやっていきましょう!
 

森 昭憲(もり・あきのり)

県発達障害者支援センター「ほっぷ」センター長
富山県リハビリテーション病院・こども支援センター 小児科部長(児童精神)・精神科部長  心理療法科長 

1970年生まれ。富山医科薬科大学(現富山大学)医学部医学科卒業。
内科、和漢診療を経て、精神科病院に勤務。あいち小児保健医療総合センター心療科、豊田市こども発達センター、愛知県立城山病院(児童精神・精神科)にて児童精神医学・発達障がい診療の研修。
2017年より富山県リハビリテーション病院・こども支援センターに勤務し、子どもの心の外来・精神科の診療を担当する。資格は精神科専門医・指導医、精神保健指定医