メニュー

㊳元気になれる朝の1品 【成長期の勝てる!体づくり】

スポーツ選手の栄養サポートや指導者向けセミナーを行う管理栄養士で公認スポーツ栄養士の舘川美貴子さんが、スポーツをする子どもたちや忙しい毎日を過ごすパパ・ママら、それぞれの世代に必要な栄養についてアドバイス。すぐに役立つレシピも登場します。

 朝の副菜の一品に、ほうれん草とハムのガーリックソテーをご紹介いたします。
ほうれん草はかぜの予防などが期待できる抗酸化作用の強いビタミンC、カロテンを多く含む野菜です。また、鉄やカリウムなどのミネラルも多く含んでいます。旬の今は、栄養素も甘みも増しています
糖度が高い「ちぢみほうれん草」、生食・サラダ用に改良された「サラダほうれん草」など種類も豊富です。ビタミンCはゆでることで損失しますが、あくの少ない生食用ならそのまま食べることができます。
寒い冬、かぜをひかず体のコンディションを整えるために、体の材料となるたんぱく質に加え、ビタミンA.C.Eが豊富に含まれる緑黄色野菜もしっかり取りましょう

 今回はほうれん草にハムを加えることで、カロテンの吸収を高め、エネルギーを作り出すビタミンB1も摂取することができます。また、にんにくを加えることで、ビタミンB1の吸収を高めるアリシンも取ることができます。
元気になれる小さな1品! 目玉焼など主菜の付合せにもおすすめです。

【材料】(1名分)
ほうれん草   60g
ロースハム   20g
オリーブオイル  2g
にんにく      1g
塩       0.4g
こしょう    少々
【作り方】
①    ほうれん草を水洗いし、土を落とします。
②    鍋にたっぷりのお湯を沸かし、ゆでます。水気を切り4~5cm程度に切ります。
③    ロースハムはほうれん草に合う大きさに切り、にんにくはつぶしておきます。
④    熱したフライパンにオリーブオイル、にんにくを入れ炒めます。ロースハム、ほうれん草を入れてさっと炒め、塩、こしょうで味を整えます。

【栄養素】
エネルギー:70kcal
たんぱく質:4.6g
脂質:5.0g
炭水化物:2.5g
カルシウム:31mg
カリウム:469mg
食物繊維:1.7g
ビタミンB 1:0.19mg
ビタミンB2 :0.14mg
βカロテン2524μg 
次回も受験におすすめレシピをお届けします。